巫女の行く先

 

 少しばかりの水と供え物を持って少女は村の者と別れた。風の神のいる遺跡へ巫女として向かう為だ。獣も盗賊もいつ出てもおかしくない広い砂漠を独り歩く。

 延々と歩き水も尽きてきた頃、行商人と出会った。

「お嬢さんお嬢さん、水はいかがかね」

 少女は近くへ歩み寄る。

「おじさん、この暑い中お疲れ様です。ごめんなさい、お金は持っていないの」

「ええ? お金を持ってない? あんた、そんな軽装で歩いてどこまで行くんだい」

「私は、このお供物を持って遺跡へ参るところです」

「ああ。はぁ、あんた巫女さんかい。……水はまだあるかい?」

 少女は俯いてしまう。

「ないのかい? 遺跡まではまだまだあるよ。それじゃあ遺跡へ着く前にあんた倒れちまうよ」

「……でも、お金はないの」

 大丈夫よ、なんとかするわ。そう言いかけた時、いつの間にか後ろへ男が立っていた。

「物売り、水をくれ」

 行商人も驚いていた。

「ああ、水ね。ちょいとお待ちよ」

「これで買えるだけくれ」

 じゃらりと行商人の掌いっぱいに銀貨が渡される。

「こ、こんなに? 旦那、これじゃ瓶の水全部渡しても足りねぇや」

 並の男よりも大きなこの男の顔は、頭巾に隠れて表情は窺えない。服装からするに剣士か、魔術師か。はたまた盗賊か。

「仕方ない。では水入れへ入るだけもらおう」

 男は見事な装飾の入った水入れを出す。そして、少女へ手を差し出す。

「ほら、君のもだよ」

「え。あ……あの、私は」

「盗み聞きって訳じゃないが、話は聞こえていた。水がなくて困っているんだろう? 君の分も私が買おう」

 思わず、行商人の顔色を窺う。行商人は笑顔で頷いた。一瞬ためらったが、ここは男に甘えることにした。

「ありがとうございます」

 水は音をたて、並々と注がれた。

「それで、だな」

 水を受け取ったところで男は切り出した。

「巫女さん。私も遺跡へ向かうところなのだが、詳しい道を知らなくて困っているんだ。君が良ければついて行ってもいいかな?」

「ああ、そうだったんですね。もちろんです。喜んでご案内しますわ」

 当分の食料も買い、二人は行商人を見送った。

 

 その後の男は、ひどく静かであった。時折獣の影を遠くに見たが、風向きのお陰か見つかることはなかった。

(風? この辺りは風が吹かないって聞いていたのに……)

 遺跡の近くでは必ず風が吹いている。しかし遺跡から離れているこの辺りは、かえって風が吹くことはなかった。時々風は和らいだりやんだりしたが、男の服は不思議と常にはためいていた。

「あの」

 沈黙に耐えきれず、少女は話しかけた。

「どうした?」

「その、どうして私に水を買ってくださったんですか……?」

「道案内をしてもらう対価としてだが」

「私が遺跡までの道を知っていると、どうして?」

「この辺りはよく遺跡へ向かう信者が通ると聞いていたし。それに君の年と背格好を見て、巫女さんで間違いないだろうと思ったからな」

 少女は色の薄い日差し避けの羽織の下に、巡礼服を着ていた。

「あ……そ、そうですよね。見れば分かりますよね……」

「うん」

「……実は遺跡へ一人で行くのは初めてなので、道をちゃんと覚えているかは分からないんです……」

 話が違うじゃないかと怒られるかと思い少女は首をすくめていたが、男の反応は穏やかなものだった。

「そうか。まぁ私もいるし、なんとかなるだろう」

「へ? あ……そうですね、そうでした」

「うん」

そうしてまた、男は静かになってしまった。

 

 

 

「見えてきた」

「わあ……」

 会話が途切れてしばらくした頃、それは姿を現した。

 創世の時代に建てられたというこの世界の巨大な遺跡には、今もなお四人の神々が住まうという。火の神、水の神、土の神、そして風の神。彼等は遺跡の周りの地を治め、時折人の住む街へ降りてくるという。

「辿り着けて良かった。幼い頃に二度ほど来ただけなので……ああ良かった」

 少女はほっとして独り言を呟いた。

「うん、なんとかなったな」

「なんとかなりましたね」

 ふふふ、と二人とも笑みが零れた。

「……ここらで一度休憩しようか」

「そうですね。お腹空いちゃいました」

 行商人から買った食料と水で、少女は腹を満たした。男は、水を飲むだけで食料には口を付けなかった。

「……ん、食べないんですか?」

「え? ああ、水が飲めれば充分だ」

「そうですか……」

「気にせず食べて」

「……はい」

 

 休憩も終わり、二人はまた歩き始めた。少女はもはや男に対する警戒心よりも、好奇心の方が上回ってきていた。

「貴方はどうして遺跡へ?」

「ん? ああ……えーと……」

 男はしばし考えた後、ぽつりと呟いた。

「……そこまで考えてなかったな」

「え? なんて?」

「ああいや、なんでもない。そう、叔母に使いを頼まれてな」

「まあ、そうなんですか」

「うん、そう。そうなんだ」

「どんなお使いを?」

「あー、ええと……遺跡にしか咲いてない花があって、それを摘みに」

「お花ですか。きっと綺麗な花なんでしょうね。いいなぁ」

「共に来てくれた礼に、君にも摘んであげるよ」

「わあ、本当ですか? 嬉しい」

 幸せそうにふふっと笑ったが、少女の表情はすぐに寂しげなものへと変わった。

「どうかした?」

 少女は、ぽつりぽつりと語り出した。

「……私、神様の元へ嫁入りするんです」

「……最初から分かっていたよ」

 神への嫁入り。聞こえは良いが言ってしまえば、生け贄である。

「ひどい嵐が村へ立て続けに来て、それで私が選ばれたんです。私はもう身寄りもないので。それで」

 声が震えた。抑えていた恐怖がのぞく。

「……神様はきっとお優しい方だと、信じます」

「怖い……?」

「怖いですよ」

 人の為に、村の者の為に、命を差し出せと言われた年端もいかない少女。

「怖くないわけないじゃないですか」

 立ち止まり、こぼれそうな涙をぐっと堪える。

「逃げ出すことも出来ただろ」

「……逃げたら、次の嵐で今度こそ村がなくなってしまう。自分が死ぬことよりもっと嫌なことです」

「そう」

「はい。それに、今度友だちが結婚するんです。幸せになって欲しいから……私が神様にお願いをしなきゃ」

 少女は自らに言い聞かせるように、再び歩き出した。

「これは私にしか出来ないことだから」

 

 

 

 遠目では分からなかった荘厳な装飾に彩られた遺跡の門扉が、彼らをその内側へと誘う。来訪者を阻む強い風もこの時ばかりは穏やかで、

少女は風の神に迎え入れてもらえたような気がした。長い長い螺旋階段が、壁を伝いすうっと天井まで伸びている。

「——広いですね……」

 少女に答えず、男は奥へ進んで行く。

「あれ? あの、どこへ……」

「花を摘むと言っていただろ? 咲いているのはこっちだ」

 男が指差した先には、下りの階段があった。慣れたように彼はどんどん進んで行く。

「おいで」

「あっ待って」

 降りた先にあったのは、清らかな水に満たされた美しい花園であった。白い花が凛と誇らしげに佇んでいる。その美しさに言葉も出ずにいる少女を傍目に、男は二輪ほど花を摘んだ。そして一輪を少女の髪に挿す。

「うん、よく似合う」

「ええ! ああ! あの、ええと」

 少女は顔を赤らめて混乱していた。彼女の育ったこの土地の風習では、未婚女性の髪に花を挿すことは求婚を意味していたからだ。

「あの、受け取れません。その、あの……私これから神様に」

 青ざめたり慌てたり赤くなったり、少女は表情をくるくると変えた。

「……私がその風の神だと言ったら信じる?」

「え? ええ?」

 彼女の驚いた顔に、彼は思わず吹き出してしまった。

 

 二人は場所を変え、柔らかな椅子のある部屋へと移った。ここは遺跡の中でも数少ない生活感のある部屋の一つだ。

そして少女はというと、頬を膨らませてすっかり機嫌を損ねていた。

「ごめんって。そう拗ねないで」

「嫌です。拗ねます」

 少女はぷいと横を向いてしまう。風の神は腕を組み、ううんと唸った。今度は別の意味で彼女は顔を真っ赤にして言った。

「必死な思いでここまで来たのに、着く前にもう神様に会ってたなんて! 私をからかったんですか!?」

「からかったつもりはないけどなぁ」

 少女をなだめ、風の神はこれまでのいきさつを話した。信者たちが遺跡へ嵐を鎮めるよう懇願に来たこと。その対価として村の娘を差し出すと決めたこと。

「あれらはそのまま帰っていったが、私はここにいても自らの領地にいる生き物の声は皆聞こえているからね。遺跡から充分離れたところで彼らは差し出した娘を遺跡の中で殺すかどうか話し合っていたよ」

「こっ!?」

「いくらなんでも可哀想だとか、いいやこれくらいしなくてはとかなんとか喋っていたが。結局盗賊の振りをして生け贄を殺すことに決めてたよ。私は過剰な殺生は好まないから彼らの邪魔をしてやろうと思ってね」

「それで私を、迎えに?」

「そう。おそらく今頃は砂漠の真ん中で途方に暮れてると思うよ、彼ら」

 周りに砂嵐を起こしてやったのさ、と風の神は笑って言った。

「助けてくださったんですか……。私、勘違いして……ごめんなさい。ありがとうございます」

 神はもっと恐ろしく人から遠いものだとどこかで思っていた少女は、風の神の慈愛に満ちた心に安堵した。

「いやいや、いいんだよ。悪いのは彼等だし。……それで」

 神はうやうやしく少女の手を取る。

「私は君を気に入ったけど、お嫁には来てくれるのかな?」

 少女の顔は、耳まで真っ赤になっていた。

 

 生け贄の娘が旅立ったその年以降、遺跡の近くの村々では雨も降り作物も育ち、飢饉に見舞われることもなく、穏やかな日が続いた。そしてある村では、生け贄になった少女を神の嫁として丁重に奉り信仰した。やがてその村は聖地として、数百年の先まで栄えたという。

 

 

—風の遺跡・完—